ヤマイダレの自己再生日記

社会不適合者なアラサー主婦が少しずつ頑張るブログにしたいです

少しは変わった少しは。

 

 前回の記事であれだけ意気込んでいたダイエットも簿記3級の勉強も一切していない。そろそろしないとヤバいと思いつつ、「努力するベクトル間違ってない?」という冷静の様で怠惰な感情が邪魔をしている。

ていうか最近頭痛は酷いし、すぐ眠くなる。 なんなのこれは。

 

 とりあえず、前回より少しだけ変わった事を書きたい。

 

 

Twitterを始めた。

お恥ずかしい話、炎上や身バレのネット記事を見るたびに害悪なコンテンツだと思い込んでいたのだが、夏に愚痴を吐き出せる場所としてアカウントを開設した。

体調管理アカ、読書アカ、趣味アカ、愚痴メインの毒親育ちアカと作ってみたものの、「面倒だなァ」が正直な感想。 細かく分け過ぎたのだろうか…。

 

 メインの毒親垢では同じような「毒親育ちの人達」が集まるけど中には理解できない・共感できない人達もいるわけで、自称心理カウンセラーや怪しいネットサロンをやっている人、やたら名言ばかり言う垢とか胡散臭い人も沢山いる。

私はTwitterでネサフもせず誰かにリプもせずに独り言を呟いているだけなので、どの垢も過疎っている。

 

アカウント不要の「いるか」は楽だし炎上する心配もないけど、フォロワーの数もないし、誰かにコメントすることもできないから寂しいっちゃ寂しいし、Twitterは楽しいけれどそれ以上に面倒くさい。

 

 

②整体に通い始めた。

今までなかった背中の痛みにビビり、整体に通い始めた。

実際はマットレスが寿命だったのが原因なのだが、それを差し引いても私の体はヤバいらしい。 反り腰の方は内巻き、ストレートネッグである。

おまけに先日四十肩だと言われた。

某チェーン店なので、40分の施術6回分で回数券が3万円とかなり強気な値段。

馬鹿馬鹿しい気もするけれど、若い時にいくらでも対処できた問題を無視し続けたツケが回ってきたんだと思う。

ちなみに揉まれて特に痛い場所は肩、こめかみ、大胸筋、尻、腕、腕の付け根。

 

 

③暗渠にハマり始めた。

ハマり始めたと言っても、地図を片手に●●川が~と、散策するガチ勢とは違う。

ノープランで近場を散策して暗渠の写真を撮る程度なのだが、それがなかなか楽しい。

健康のために散歩するのと暗渠を探しながら歩くのでは全然違う。

暗くなったら写真が取れないので休日の昼間しかできないのが難点なのだが、急な運動よりはきっと良いんだろうな。

 

おデブランドリベンジ

・毎朝基基礎体温と体重を記録する

・毎日筋トレをする

・毎日簿記勉強をする

 

 

 これすらできずにいます・・・。

 

 

 145cm/61kg・・・なぜだ、なぜこうなってしまったのか。

最近筋トレをサボってたこと、珍しく便秘をしたこと、夕飯を食べた時間が二日続けて遅かった事が原因だと思う。

便秘は改善したのに、どうして59~60kg台に戻らないのでしょうか。

 

 

 

 筋トレは疲れた帰宅後じゃダメだ、朝できなかったらその日は100%やらない。

私は病的な汗かきで、まだ夏本番じゃないのに駅から3分の距離を歩いただけで滝のような汗をかく。

だから朝の時点で動きたくないのと、とにかく朝は時間がないので逃げていた。

簿記の勉強で睡眠時間が減ってから早起きができなくなってしまった。

「こんなんじゃダメだ」と思いつつ、今日も机に化粧品を出しっぱなしで家を出る。

 

 

 

 結局、簿記も勉強が間に合わず試験を先延ばしにした。

本当なら明日が試験日で、昨日の有休は試験の総仕上げのために取ったはずだったのに、治らない脚の痺れにビビったデブの通院に消えた。

 

 

レントゲンも心電図も異常なかった。 この2年で体重がクソ増えたことを伝えたら

「あっ・・・(察し) それも大きいかと・・・」と控えめに言われた。

 

 

 結局私は変わらない。

ポケマスでキバナが2回出た時も「勝利の女神は我こそにあり!!!」って勉強に対するモチベーションがMAXになったのに頑張れなかったし、ゾンビランドサガにハマった時もさくらちゃん達の頑張りに励まされ、アルピノライブの時は感動して泣いて「私も頑張りたい!!」って強く願ったはずなのにこの有り様。

 

 

 

 今度こそ頑張るしかない。

 

 

 今こそ反撃の刻ッッッ!!!

筋トレ2ヶ月目

 ゆるーい筋トレをコツコツ始め、早2ヶ月。

とうとう体重が60キロを超えました。 身長145しかないのに。

 

 

 まずアナログ体重計を卒業し、定価5,000円くらいの体重計を買いました。

体脂肪、内臓脂肪、基礎代謝、身体年齢、体幹など7~8種類くらい測れる優れものなのですが、アプリと連動とかはしていないので、毎日朝起きたらノートに書き写しています。

 

 で、まぁ毎日コツコツ体重測定とゆるい筋トレをしているのですが、

 

<平均体重>59~60kg

<平均体脂肪>38~40%

 

体重は59キロ以下になる事は絶対ないし、体脂肪も37%台になる事はない。

THE☆変化ナシ!!

Excelでグラフ作ろうと思ってたのですが一直線になるのでやめました。

 

 

 え、効果あるの? 筋トレも腹筋以外特に引き締まった気がしないし。

このまま続けても意味ないんじゃない?

 

 私みたいな奴は毎日ウォーキング、ジョギング、食事制限と本気を出さないとダメなんでしょうが、ここまで効果ないって・・・。

 

  若い時は夕飯を軽くするだけで翌日は余裕で1キロは減ってたのに。

これが中年になったという事でしょうか・・・。

なんかめげそう。

 

褒められない男

 「はてなブログ始めて大分経つのにアクセス全く伸びないな~」

って諦めてたんですけど、タグ機能なんてあったんですね。

ちなみにこのブログの閲覧数は月に2~3人程度です。

 

 

 久しぶりに前のパート先の人と会いました。

私が誰かと連絡を取ってお茶するなんて年に2度あるかないかくらいのイベントです。

彼女はパート先の先輩で私と親子ほど歳が離れており、私は彼女を第二の母と慕っています。(なんなら実母より好き、マジで)

 

 

 で、まぁ、お互いの近況報告や思い出話、愚痴などを語り合い、久々に先輩から温かい言葉をかけてもらった私は、嬉しくて夫に「先輩にこう言われたよ」と褒められたことを話しました。

 

 

 でも、夫の第一声は「いや、違うな」。

その後は先輩の言った事を半分否定。

分かりやすく言うと、先輩が私の事を「100点」と褒めてくれたとすると、

夫が「褒めすぎ。実際は50点程度」と話に水を差した感じ。

 

 

 

 いやー、別に先輩の評価を答え合わせしてほしかったんじゃないんです。

「私(妻)を認めてくれる人がいる」「温かい言葉をかけてくれる人がいる」

それをわかってほしかったのに。 それを喜んでほしかったのに。

 

 

 あー、思い出した。 嫌な事を思い出した。

 

 私はデータ入力のパートをしており、時々入力した程度に添え物のようなPR文を書く事があるのですが、仕事を始めたばかりの時、その文章を夫に見せた事があります。

 

 

 でも夫は褒めてくれるどころか文章の添削をし始めた。

そんな事は頼んでない。 自分が素人なのは知っているし、こんなの誰でも書ける。

私がどんな仕事をしているのか、それを見てほしかっただけなのに。

なのに夫の口からは「ほら、”ら抜き言葉”。 ここ変だよね?」

 

 

 

 でも、昨日会った先輩は違った。

エビフライに添えられたしなびたパセリ程度の文章をしっかり読んでくれて、

「すごいね、奇麗にまとまってる! 文章も丁寧で優しくてあなたの人柄が出てる」

って褒めてくれた。

きっと彼女は60歳だし、パソコンに疎いから大げさに褒めてくれたのかもしれない。

でも、私には夫にも褒めてほしかった。「すごいね日本語入力できてんじゃん」くらいの感想でいいからほしかった。

 

 

 

 今思えば、夫は人を素直に褒める事ができない人間かもしれない。

野球選手とかサッカー選手とか、人気のゲーム実況者とか褒めてるけど、なんか上から目線なんですよね。

 

 

「受かるわけないだろ」と散々馬鹿にしていた私(妻)が登録販売者試験に受かった時も驚くどころかバツの悪そうな顔をしていたし、「おめでとう」の一言もなかった。

合格したその日の寝言は「信じられない・・・」と連呼していたし。

 

 

 

 

 あのさ~、もうさ~、モラハラだよ~?
お前がバカみたいに集めてるフィギュア、ホットサンドメーカーでプレスするよ~?

いっぺん死んで~?

殺意が足りない。

 簿記の勉強は全く進んでおりません。

だって、基礎の基礎「仕訳」を理解していないもの!

 

 

 なんかやる気が起きない。 これでも仕事中はやる気に燃えてるんですよ?

でも、帰宅していそいそと夕飯の支度をしているうつにやる気はなくなり、風呂には言い終えたら22時~23時。

 おまけに私は睡眠不足に陥ると翌日の体調にモロに出る。(眼精疲労と頭痛が)

だから深夜の2時3時まで頑張るなんてできないのです・・・。

 

 

「若い事に受けた登録販売者より簿記の方が遥かに楽だべ!」と軽い気持ちで受験を申し込みましたが、非常に後悔しております。 なんかもう、泣きたい。

 

 

 言い訳になりますが、登録販売者の勉強をした時は

 

・個人でなく職場で受けさせられた(合否が仕事に響く)

・職場、会社の「合格せんと許さんぞ」って圧が凄かった

・当時職場でパワハラを受けており、負の感情で溢れていた

・試験が年に1度だけだった(単願で後がなかった)

・扶養内パートだったので時間は作れた

 

 

と、とにかく合格するしかなかったんですね。

「自分をイジメた奴らを土下座させる」という負の感情で乗り切った。

なんかもう最終的な目標が「合格」じゃなくて「土下座」になってた。

もちろん土下座なんてさせませんし、そもそも自分をイジメた人間に「土下座しろオラぁ」なんて言えるわけがない。 むしろ言ったらオシマイ。

 

 

でも、今回の簿記はどうでしょう?

個人の申し込みなわけだから落ちても職場に伝わる事もない、評価が下がるわけでもない。 おまけに週5フルタイムだから時間も厳しい。

 

 

 こんな言い訳をブログに書いているなら勉強しろって?

スマホの電源を落とそうが机と向かい合おうが、やる気がわかない時はとことんダメなのさ!!

結果よりチャレンジする事を褒めて・・・

  実は簿記3級の試験に申し込み、勉強しています。

急に簿記を取ろうと思い立ち、気が付いたら参考書を買っていました。

 

今の段階でいうと、落ちます。確実に落ちます。基礎すら理解していません。

試験に申し込んだ事を後悔しています。

読書もめっきりできなくなり、勉強のストレスで既に満身創痍・・・。

 

 

 2桁の足し算引き算すら怪しいBBAがなぜ簿記なのかというと、今度こそ役に立ちそうな資格を取りたかったから。

 

接客業に不向きなくせに登録販売者になったり、高額な学費を払って調剤事務の資格を取ったりしましたが、なんの意味もなかった。 あたしはいっつもこう。

いつもいつも努力するベクトルが別の方向に向いている。

 

 

 理由のひとつが、夫が転職するつもりなんですわ。

今は繁忙期なので恐らく夏あたりに動くのでしょうが、転職のリスクや年収ダウンを恐れて何も動かないままの可能性も十分にありますし、再就職先を見つける前に限界が来て辞めてしまう恐れもありますし。

 

 正直、私自身正社員として就職したくありません。

子供がいないのだから、社員で働くべきなのでしょうが、週5のフルタイムパートで精一杯・・・。

でも、職歴も若さも何もないのなら、せめて今からでも武器が欲しい。

(2級からじゃないと話にならないんだけどね)

 

 

 で、最近気が付いたことが、自分でも無自覚だったのですが、今のパート先が大分嫌になってきたみたいで、もしかしたらそれが一番の理由かもしれない。

 

 

筋トレ2週間目

 145センチ/59キロという、ふざけた数値を叩きだしてしまった私は、

とうとう筋トレに手を出した。

 

 

 「はじめての筋トレ」というDVD付の本を買った。(1,400円くらい)

私は頭がすこぶる悪いので、正しい筋トレのやり方を理解できないだろうと、

わかりやすそうなDVD付のやつにした。

 

 

 1週間ごとに5種類の筋トレのメニューがローテーションで組んである。

数日間は筋肉痛が辛かったが、意外とすぐに慣れた。

 

今日は足、明日は背中、と鍛える部位が違うのは、毎日同じ部位を鍛えるのは御法度だからだそうだ。(でも腹筋は毎日やっていいらしい)

しかし、馬鹿な私は早く結果を出したくて、ちょっと慣れたからか調子に乗り、元気な日は1日3種類くらいやってしまった。

 

 

 結果、2週間で2キロ減った。

しかし、我が家の体重計はアナログで、かなりアテにならない代物。

59キロも生理前後とかいろいろ条件が重なってできた数字の可能性が高く、

本当に2週間で2キロ減ったのかは怪しい。

 

 

 しかし、それでも嬉しい変化はあった。

今まで両腕を後ろに回すと、背中の肉がボコボコッとコブのように波打つのだが、そのコブの肉が少し減った気がするし、座るときに両足をピッチリくっつけて座ろうとするとすぐ根をあげていた内太ももも、疲れにくくなった。

 

 

特に、腹筋は毎日しているからか、変化が著しく、腹直筋がはっきり硬くなっているのを感じる。 効果があるとわかると筋トレも精が出るものだ。

 

 

 

しかし、右足の付け根を痛めてしまったらしく、スクワット系を控える羽目に・・・。