ヤマイダレの自己再生日記

社会不適合者なアラサー主婦が少しずつ頑張るブログにしたいです

全身性多汗症治療日記(1)

  病的な汗かきで毎日辛い!!! ので、治療することにした。

多汗症は大抵ワキや手のひら、足の裏などの局所的な症状で、ワキガ手術の広告とかよく見かけると思うが、全身性多汗症はその名の通り全身から汗が噴き出る。

一年の3/4は汗に悩んでいると言っても過言ではない。

しかし、全身性の割合は多汗症の1割程らしく、私も自分と同じような人は見かけた事がない。

 

ちなみに私の汗かきは遺伝性(母)で、ワキガは父からのギフト。

10代の頃に30万かけてワキガ手術もした。

 

なにせ手術をしたのは10数年前の話だ。はじめの数年は汗すらかかなかったのに今ではワキから大量の汗をかくし、時々臭うこともある。汗腺を取り除いたはずなのに…

ちなみにワキガ手術の事は夫にすら言っていない。

 

 多汗症ググるとほとんど美容皮膚科のサイトかワキガ手術の広告ばかり飛ぶ。

「全身性多汗症」の治療法はほとんどヒットしない。

 

私は藁にすがる思いで家から遠い内分泌科にかけこんだ。

血液検査をお願いしたらすべての検査結果がわかるまで2週間かかるといわれ、防己黄耆湯なる漢方薬を処方された。

 

 

 血液検査の結果、ホルモン異常はなかった。

「専門外なので皮膚科に行ってください」と言われた。どうやら新薬でワキに塗る事により汗を抑える塗り薬が出たらしいが、とにかく専門外なのでわからないと言われた。初回は「丁寧な女医さん」って感じだったのに、今日会った先生は専門外なもんだから面倒くさそうだった。過去に自律神経失調症になったと言ってあるのに、そのセンでは治療してくれないっぽい。

 

 ていうか、脇に塗るタイプってことはワキ汗しか効果ないんじゃないの?

私、頭のてっぺんから全身にかけて汗かくってパソコンに入力してたじゃない…。

 

 漢方の効果を聞かれたが「まだ実感がない」と答えたところ少し不満そうで、漢方を飲むことは苦じゃないかと聞かれて「平気です!」って答えたら「じゃあ合ってるのかもしれませんね」とどこか適当に言われた。言葉の端々から伝わるお引き取りください感。 なんか傷ついたから、もうこの病院は行かない。

 

とにかく、今のところ全身性多汗症の多くは原因不明って事なのだろう。

それならそれで汗を抑える治療を見つけるしかない。

 

 思いのほか早く診察が終わってしまった。店はどこも開いていない。

なら、今から皮膚科に行けるのではないか。でも、出先でスマホを使って調べものや、電話で問い合わせする事がたいそう苦手な私は困り果てた。 

 

 新薬ならこまめに通院しないと薬をもらえないなら家の近くの病院がいいだろう。しかし、多汗症治療もやってそうな皮膚科が近場にない!!!

現在整体に通っているので、整体院と近場のほうが好ましい。

 

逃げ出したい気持ちで整体院の近くの病院に電話してみたところ、多汗症の治療はやってらしい。 しかし、全身性も治療してくれるのかまでは聞けなかった。

「今から伺います!」って言ったら「明日以降にしてくれ」って言われたので次の土曜に行くつもり。

いい話があるといいんだけど…。

 

 ちなみに、ここ最近頻尿がひどくて悩んでいたんだけど、今回処方をお願いした薬局の薬剤師さん曰く、「汗をおしっことして排出してくれる漢方だから良い事よ」って言ってくれた。 マジかよ、実感あったじゃん… 元々膀胱炎起こしやすい頻尿体質だから漢方の効能じゃないかもしれないけど。

 

 

 

【急募】今から手持ちのカードを増やす方法

 

 垣谷美雨の小説を読んだ。

一人娘の将来を案じた母が親婚活(代理婚活)をする話だ。

一応20代半ばで結婚できた自分としては半分高みの見物気分だったのだが、見事にボコボコにされた。 ノープランな子無しパート主婦はハチの巣である。

 

 

 小説によると、娘の学歴や職業だけでなく親のスペックも重視されるらしい。

私と両親がタッグを組んで婚活したら、一生誰にも連絡先を交換してもらえないかもしれない。

 

で、主人公が娘に手に職付けた道を進めるべきだと後悔してたんだけど、そこがマジで寝耳に水。 うちの親ならそんな事一切思わない。

主人公は実在したら65歳くらいなんだろうけど、若いころから手に職付けて子供が小さい頃からずーっとフルタイムで頑張ってきたというのも驚きだ。

うちの母なら、たとえフルタイムできる身体に生まれてもフルでは働かないと思う。

 

 

 で、話変わるんだけどパート先が暇で暇で困っている時、私の席の隣のパートさんは大忙し。彼女は専門的な仕事をしており、常に引っ張りだこなのだ。

日本語入力ができれば誰でもできるような私の仕事とは全然違う。

 

私は暇してる隣で「●●サン●●サン」「急ぎでお願い!」とか頼み込まれてるのを聞いてると、自分の存在意義や価値がなんなのかわからなくなってくる。

このゆるま湯のような楽で暇でしんどいパートを一生続けるのか…

 

 

↓このブログを始めた時、こんなことが綴ってあった。

 

夫が『君は生きる力が無いから心配で先に死ねない』とつぶやいていた。

 

 

 ぐわあああああああああああ~。

 

 

さっきの小説の話に戻るんだけど、親は昔の人だから、フリーターでも結婚出来りゃ将来安泰って考えの人で、そう教えられた。 私もそう思ってた。

 

親のせいにしているわけじゃないが、母が働く女に否定的だったのが確かで、

母が正しいと信じていた。自分の頭で考えてこなかった証拠だろう。

(姉は母の考えとは真逆に大手に就職し、働きながら子育てしてるし)

でも私は、10代でうつ病になって引きこもってた自分がフリーターになれただけで褒めてほしいと思ってたし、奇跡だとも思っていた。

親が死んだらとか、将来のことは一切考えなかった。 バカ、ほんとバカ。

 

 

 

引っ越しで100万単位の金がなくなり、自分の手持ちのなけなしの貯蓄も生活費に消え、初めて背筋が凍った。

親が私を育ててた頃と時代は全然違うし、年金も貰えない。

 

 

 いい加減考えないといけない、じぶん一人でも生きていける道を。

 

 

 

 

 

将来におびえる日々。

 誰も見ていないと思うが、久々に更新。

夫の転職に伴い、30年生まれ育った地元を離れた(引っ越し先は同じ市内)。

不便なこともあるが気持ちはとても楽だ。

 

だって、この土地には私のことを知っている人間が誰一人いないから。

灰色の青春を送り、親をはじめ面倒な親戚が揃っている地元は居心地が悪く、外出しても「もしどこかで大嫌いな同級生に遭遇したら…」と常に心のどこかで不安だった。

すれ違ったところで、お互い覚えてなんかいないだろうし、堂々としていればいいだけなのだが、染みついた負け犬根性は一生治らないと思う。

 

 

Twitterを始めたその後。

引っ越しを機に、新しいアカウントで呟き始めた。

相変わらず過疎っている。

 

 

②整体に通い始めた。

なんやかんやで通い始めて半年くらいになるのだろうか。

引っ越してからめちゃくちゃ通いづらくなり、新しい店長がとても苦手だ。

恐らく予定していたプロブラムより大幅に遅れて通院が毎週から2週間に1度になったが、整体師の反応を見る限り、やはり私は根気強く通わないといけないらしい。

 

 

③暗渠にハマり始めた。

新天地でまた暗渠散策…と思いつつ、2か月経過した。

病的な汗かきなので、散策するなら今の時期しかない。

そもそも、いまいち暗渠の探し方がわかっていないのだ。

少しは変わった少しは。

 

 前回の記事であれだけ意気込んでいたダイエットも簿記3級の勉強も一切していない。そろそろしないとヤバいと思いつつ、「努力するベクトル間違ってない?」という冷静の様で怠惰な感情が邪魔をしている。

ていうか最近頭痛は酷いし、すぐ眠くなる。 なんなのこれは。

 

 とりあえず、前回より少しだけ変わった事を書きたい。

 

 

Twitterを始めた。

お恥ずかしい話、炎上や身バレのネット記事を見るたびに害悪なコンテンツだと思い込んでいたのだが、夏に愚痴を吐き出せる場所としてアカウントを開設した。

体調管理アカ、読書アカ、趣味アカ、愚痴メインの毒親育ちアカと作ってみたものの、「面倒だなァ」が正直な感想。 細かく分け過ぎたのだろうか…。

 

 メインの毒親垢では同じような「毒親育ちの人達」が集まるけど中には理解できない・共感できない人達もいるわけで、自称心理カウンセラーや怪しいネットサロンをやっている人、やたら名言ばかり言う垢とか胡散臭い人も沢山いる。

私はTwitterでネサフもせず誰かにリプもせずに独り言を呟いているだけなので、どの垢も過疎っている。

 

アカウント不要の「いるか」は楽だし炎上する心配もないけど、フォロワーの数もないし、誰かにコメントすることもできないから寂しいっちゃ寂しいし、Twitterは楽しいけれどそれ以上に面倒くさい。

 

 

②整体に通い始めた。

今までなかった背中の痛みにビビり、整体に通い始めた。

実際はマットレスが寿命だったのが原因なのだが、それを差し引いても私の体はヤバいらしい。 反り腰の方は内巻き、ストレートネッグである。

おまけに先日四十肩だと言われた。

某チェーン店なので、40分の施術6回分で回数券が3万円とかなり強気な値段。

馬鹿馬鹿しい気もするけれど、若い時にいくらでも対処できた問題を無視し続けたツケが回ってきたんだと思う。

ちなみに揉まれて特に痛い場所は肩、こめかみ、大胸筋、尻、腕、腕の付け根。

 

 

③暗渠にハマり始めた。

ハマり始めたと言っても、地図を片手に●●川が~と、散策するガチ勢とは違う。

ノープランで近場を散策して暗渠の写真を撮る程度なのだが、それがなかなか楽しい。

健康のために散歩するのと暗渠を探しながら歩くのでは全然違う。

暗くなったら写真が取れないので休日の昼間しかできないのが難点なのだが、急な運動よりはきっと良いんだろうな。

 

おデブランドリベンジ

・毎朝基基礎体温と体重を記録する

・毎日筋トレをする

・毎日簿記勉強をする

 

 

 これすらできずにいます・・・。

 

 

 145cm/61kg・・・なぜだ、なぜこうなってしまったのか。

最近筋トレをサボってたこと、珍しく便秘をしたこと、夕飯を食べた時間が二日続けて遅かった事が原因だと思う。

便秘は改善したのに、どうして59~60kg台に戻らないのでしょうか。

 

 

 

 筋トレは疲れた帰宅後じゃダメだ、朝できなかったらその日は100%やらない。

私は病的な汗かきで、まだ夏本番じゃないのに駅から3分の距離を歩いただけで滝のような汗をかく。

だから朝の時点で動きたくないのと、とにかく朝は時間がないので逃げていた。

簿記の勉強で睡眠時間が減ってから早起きができなくなってしまった。

「こんなんじゃダメだ」と思いつつ、今日も机に化粧品を出しっぱなしで家を出る。

 

 

 

 結局、簿記も勉強が間に合わず試験を先延ばしにした。

本当なら明日が試験日で、昨日の有休は試験の総仕上げのために取ったはずだったのに、治らない脚の痺れにビビったデブの通院に消えた。

 

 

レントゲンも心電図も異常なかった。 この2年で体重がクソ増えたことを伝えたら

「あっ・・・(察し) それも大きいかと・・・」と控えめに言われた。

 

 

 結局私は変わらない。

ポケマスでキバナが2回出た時も「勝利の女神は我こそにあり!!!」って勉強に対するモチベーションがMAXになったのに頑張れなかったし、ゾンビランドサガにハマった時もさくらちゃん達の頑張りに励まされ、アルピノライブの時は感動して泣いて「私も頑張りたい!!」って強く願ったはずなのにこの有り様。

 

 

 

 今度こそ頑張るしかない。

 

 

 今こそ反撃の刻ッッッ!!!

筋トレ2ヶ月目

 ゆるーい筋トレをコツコツ始め、早2ヶ月。

とうとう体重が60キロを超えました。 身長145しかないのに。

 

 

 まずアナログ体重計を卒業し、定価5,000円くらいの体重計を買いました。

体脂肪、内臓脂肪、基礎代謝、身体年齢、体幹など7~8種類くらい測れる優れものなのですが、アプリと連動とかはしていないので、毎日朝起きたらノートに書き写しています。

 

 で、まぁ毎日コツコツ体重測定とゆるい筋トレをしているのですが、

 

<平均体重>59~60kg

<平均体脂肪>38~40%

 

体重は59キロ以下になる事は絶対ないし、体脂肪も37%台になる事はない。

THE☆変化ナシ!!

Excelでグラフ作ろうと思ってたのですが一直線になるのでやめました。

 

 

 え、効果あるの? 筋トレも腹筋以外特に引き締まった気がしないし。

このまま続けても意味ないんじゃない?

 

 私みたいな奴は毎日ウォーキング、ジョギング、食事制限と本気を出さないとダメなんでしょうが、ここまで効果ないって・・・。

 

  若い時は夕飯を軽くするだけで翌日は余裕で1キロは減ってたのに。

これが中年になったという事でしょうか・・・。

なんかめげそう。

 

褒められない男

 「はてなブログ始めて大分経つのにアクセス全く伸びないな~」

って諦めてたんですけど、タグ機能なんてあったんですね。

ちなみにこのブログの閲覧数は月に2~3人程度です。

 

 

 久しぶりに前のパート先の人と会いました。

私が誰かと連絡を取ってお茶するなんて年に2度あるかないかくらいのイベントです。

彼女はパート先の先輩で私と親子ほど歳が離れており、私は彼女を第二の母と慕っています。(なんなら実母より好き、マジで)

 

 

 で、まぁ、お互いの近況報告や思い出話、愚痴などを語り合い、久々に先輩から温かい言葉をかけてもらった私は、嬉しくて夫に「先輩にこう言われたよ」と褒められたことを話しました。

 

 

 でも、夫の第一声は「いや、違うな」。

その後は先輩の言った事を半分否定。

分かりやすく言うと、先輩が私の事を「100点」と褒めてくれたとすると、

夫が「褒めすぎ。実際は50点程度」と話に水を差した感じ。

 

 

 

 いやー、別に先輩の評価を答え合わせしてほしかったんじゃないんです。

「私(妻)を認めてくれる人がいる」「温かい言葉をかけてくれる人がいる」

それをわかってほしかったのに。 それを喜んでほしかったのに。

 

 

 あー、思い出した。 嫌な事を思い出した。

 

 私はデータ入力のパートをしており、時々入力した程度に添え物のようなPR文を書く事があるのですが、仕事を始めたばかりの時、その文章を夫に見せた事があります。

 

 

 でも夫は褒めてくれるどころか文章の添削をし始めた。

そんな事は頼んでない。 自分が素人なのは知っているし、こんなの誰でも書ける。

私がどんな仕事をしているのか、それを見てほしかっただけなのに。

なのに夫の口からは「ほら、”ら抜き言葉”。 ここ変だよね?」

 

 

 

 でも、昨日会った先輩は違った。

エビフライに添えられたしなびたパセリ程度の文章をしっかり読んでくれて、

「すごいね、奇麗にまとまってる! 文章も丁寧で優しくてあなたの人柄が出てる」

って褒めてくれた。

きっと彼女は60歳だし、パソコンに疎いから大げさに褒めてくれたのかもしれない。

でも、私には夫にも褒めてほしかった。「すごいね日本語入力できてんじゃん」くらいの感想でいいからほしかった。

 

 

 

 今思えば、夫は人を素直に褒める事ができない人間かもしれない。

野球選手とかサッカー選手とか、人気のゲーム実況者とか褒めてるけど、なんか上から目線なんですよね。

 

 

「受かるわけないだろ」と散々馬鹿にしていた私(妻)が登録販売者試験に受かった時も驚くどころかバツの悪そうな顔をしていたし、「おめでとう」の一言もなかった。

合格したその日の寝言は「信じられない・・・」と連呼していたし。

 

 

 

 

 あのさ~、もうさ~、モラハラだよ~?
お前がバカみたいに集めてるフィギュア、ホットサンドメーカーでプレスするよ~?

いっぺん死んで~?